広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 02(010 ~ 018)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.018    2009.01.01

Otis Redding - Dictionary Of Soul - 1966

オーティス・レディングは激情を込めた独特の歌唱法で、ソウル音楽に多大な影響を与えた偉大なシンガーです。1966年に発表されたこのアルバムから"Try a Little Tenderness"というこの年を代表する楽曲が生まれました。人気の絶頂にあった1967年、あまりにも有名な"The Dock Of The Bay"を収録した3日後に公演地へ向かう自家用機が墜落し、同乗したバンドメンバーと共に亡くなりました。実に26歳という若さでした。

Otis Redding.jpg1. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)

2. I'm Sick Y'all

3. Tennessee Waltz

4. Sweet Lorene

5. Try a Little Tenderness

6. Day Tripper

7. My Lover's Prayer

8. She Put the Hurt on Me

9. Ton of Joy

10. You're Still My Baby

11. Hawg for You

                        12. Love Have Mercy

No.017    2009.01.01

Wilson Pickett - The Best Of - 1967

サザンソウルを代表する偉大なソウル・シンガー、ウィルソン・ピケットは1941年にアラバマ州で生まれ、1950年代にゴスペル歌手としてデビューしました。その後1964年にアトランティック・レコードに移籍し"In the Midnight Hour" "Land of 1000 Dances"といった現在でもR&Bのスタンダードとなるヒット曲を放ちましたが、晩年は私生活でトラブルをおこすなど不遇でした。

Wilson Pickett.jpg1. In the Midnight Hour

2. I Found a Love

3. 634-5789 (Soulsville, U.S.A.)

4. If You Need Me

5. Mustang Sally

6. Don't Fight It

7. Everybody Needs Somebody to Love

8. It's Too Late

9. Ninety-Nine and a Half

10. Funky Broadway

11. Soul Dance Number Three

                                                      12. Land of 1000 Dances

No.016    2009.01.01

Sam & Dave - Hold On I'm Comin' - 1966

アマチュア・コンテストで偶然に即席コンビを組んで歌ったのがきっかけで誕生したというR&B界屈指の男性デュオ、サム&デイヴ。本作は66年に発表されたスタックスでのデビュー盤で、彼等の人気を決定付けたタイトル曲は全米R&BチャートでNo.1を記録しました。翌67年に発売されたセカンド・アルバムからヒットした"Soul Man"は後にブルース・ブラザーズのカバーでもお馴染みです。

  Sam & Dave.jpg

1. Hold on, I'm Comin'

2. If You Got the Loving

3. I Take What I Want

4. Ease Me

5. I Got Everything I Need

6. Don't Make It So Hard on Me

7. It's a Wonder

8. Don't Help Me Out

9. Just Me

10. You Got It Made

11. You Don't Know Like I Know

                                                      12. Blame Me (Don't Blame My Heart)

No.015    2008.12.01

Vernon Burch - Get Up - 1978

13歳にしてデルフォニックスのバックを務めるなど、若くからその才能を如何なく発揮していたワシントン出身のギタリスト。No.014で紹介した Bar Kays にも在籍した後、75年にソロに転向しました。本作はディスコの定番ナンバーとしてあまりにも有名な"Get Up"を収録した78年作です。日本発売されたシングル盤では、並んで代表作とされているSteppin' Outがカップリングされていました。

Vernon Burch.jpg1. Never Can Find The Way

2. Sammy Joanne - One Half Woman One Half Man

3. For You

4. Dr. Do It Good

5. Get Up

6. Try A Little Tenderness

7. Arrogant Lady

8. Once Again In My Life

No.014    2008.12.01

Bar Kays - As One - 1980

60年代に結成されオーティス・レディングのバックバンドとして順調に活動している最中、飛行機事故によりメンバーの大半を失ってしまいました。その後、残ったメンバーのジェイムズ・アレキサンダーがバンドを再編し、ファンク色が強まった70年代後半からは、その時代時代の流行を上手く取り入れ、サウンドを変貌させてきました。"Boogie Body Land" は僕の好きなファンクナンバー・トップ10に入ります ♪

BARKAYS.jpg1. As One

2. Say It Through Love

3. Body Fever

4. Work It Out

5. Boogie Body Land

6. Take The Time To Love Somebody

7. Open Your Heart

8. Deliver Us

No.013    2008.12.01

Luther Vandross - Never Too Much - 1981

70年代半ばにデビューしながら泣かず飛ばずの日々が続いていたLuther を一躍スターダムに押し上げたのがこの作品です。それ以降、男性ソウルシンガーの第一人者として活躍すると同時に、プロデューサーとしても Aretha Franklin や Cheryl Lynn 等の作品を手掛けヒットさせました。2004年にはDance With My Father でグラミー賞を獲得しています。

Luther Vandross.jpg1. Never Too Much

2. Sugar and Spice (I Found Me a Girl)

3. Don't You Know That?

4. I've Been Working

5. She's a Super Lady

6. You Stopped Loving Me

7. House Is Not a Home

 

No.012    2008.11.01

Michael Jackson - Off The Wall - 1979

僕がブラック・ミュージックに触れるきっかけとなった原点の1枚。最近何かとお騒がせなマイケルですが、このアルバムの出来は最高です。捨て曲なしの名作ですが中でも一番のお気に入りは Rock With You ♪発売当時、10曲中4曲がチャートでトップ10に入った大ヒットアルバムです。

Michael Jackson.jpg1. Don't Stop Til' You Get Enough

2. Rock With You

3. Working Day and Night

4. Get on the Floor

5. Off the Wall

6. Girlfriend

7. She's Out of My Life

8. I Can't Help It

9. It's the Falling in Love

10. Burn This Disco Out

No.011    2008.11.01

Chaka Khan - What Cha' Gonna Do For Me - 1981

ルーファスのフィーチャリング・シンガーとして72年から活躍していた Chaka Khan。78年にソロ転向して3作目となったこのアルバムではR&B/ソウルにとどまらない音楽性の幅広さを見せました。タイトル曲の What Cha' Gonna Do for Me は名曲です。08年6月に来日、Billboard Liveでのパフォーマンスで健在ぶりを示しました。

Chaka Khan.jpg1. We Can Work It Out

2. What Cha' Gonna Do for Me

3. I Know You, I Live You

4. Any Old Sunday

5. We Got Each Other

6. And the Melody Still Lingers On (Night in Tunisia)

7. Night Moods

8. Heed the Warning

9. Father He Said

10. Fate

11. I Know You, I Live You (Reprise)

No.010    2008.11.01

Larry Graham - One In A Million You - 1980

Sly & The Family Stone での活躍後、Graham Central Station を経て80年に発表したソロとしての1stアルバム。このアルバムはそれまでのファンク路線から一変し、その甘い歌声を生かしたバラード中心の仕上がりとなりました。タイトル曲のOne In A Million You はR&Bチャートで首位に輝きました。

Larry Graham.jpg1. One In A Million You

2. Stand Up And Shout About Love

3. Sweetheart

4. There's Something About You

5. Forever Yours

6. I'm So Glad It's Summer Again

7. When We Get Married

8. Time For You And Me

9. Just Can't Stop Dancing

10. Sunshine Love And Music

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31