広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 03(019 ~ 027)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.027    2009.04.01

~ ソウル・テイスティなAOR  Part. 3 ~

Steely Dan - Can't Buy a Thrill  -  1972

その圧倒的な存在感とカリスマ性で、後の音楽シーンに多大な影響を与えたグループ、Steely Danの奇抜で目を惹くジャケットが印象的な、72年に発表されたデビュー・アルバム。ウェストコーストロックの中にも奇妙な感覚を散りばめた傑作で、シングル・カットされ全米のポップスチャートで6位を記録した"Do It Again"は83年に"Billie Jean"とMIxされた"Do It Again/Billie Jean"(Club House)のDiscoヒットで再び注目される事となりました。

Steely Dan.jpg

01. Do It Again
02. Dirty Work
03. Kings
04. Midnight Cruiser
05. Only a Fool Would Say That
06. Reelin' in the Years
07. Fire in the Hole
08. Brooklyn (Owes the Charmer Under Me)
09. Change of the Guard
10. Turn That Heartbeat Over Again

No.026    2009.04.01

~ ソウル・テイスティなAOR  Part. 2 ~

Toto - Toto -  1978

当時、あらゆるスタジオ録音で引っ張りだこだったミュージシャン6人が集まって結成されたスーバー・バンドのToto。この作品は"Rosanna""Afirica"が収録され大ヒットを記録した4枚目のアルバム"Toto IV "(82年作品)と並び、彼らの代表作とされる78年度のデビュー・アルバムです。名曲揃いの秀作ですが、中でもCheryl Lynnをボーカルに迎えた"Gerogy Porgy"はDiscoでも洒落たダンス・フリークに好評でした。

Toto.jpg

01. Child's Anthem
02. I'll Supply the Love
03. Georgy Porgy
04. Manuela Run
05. You Are the Flower
06. Girl Goodbye
07. Takin' It Back
08. Rockmaker
09. Hold the Line
10. Angela

No.025    2009.04.01

~ ソウル・テイスティなAOR  Part. 1 ~

Bobby Caldwell - What You Won't Do For Love -  1978

Boz Scaggs(No.006で紹介)と並びAORを語る上で欠かせないのがBobby Caldwell。この作品はそのBobby Caldwell の記念すべき78年のデビュー盤です。発売当時、日本ではカフェバー・ブームと共にお洒落なサウンドの代表格として重宝されたアルバムで、彼の代表作"What you won't Do for Love"(Billboard Black Singlesチャート最高位6位)やタバコのパーラメントのCMソングとして起用された"Come to Me" が収録されています。

Bobby Caldwell.jpg

01. Special to Me
02. My Flame
03. Love Won't Wait
04. Can't Say Goodbye
05. Come to Me
06. What You Won't Do for Love
07. Kalimba Song [Instrumental]
08. Take Me Back to Then
09. Down for the Third Time

No.024    2009.03.01

~ オールド・スクール・ラップ Part. 3 ~

Grand Master Flash & The Furious Five - The Message - 1982

Furious FiveはDJの"Grand Master" Melle Melを中心に、5人のラッパーからなるラップ界きってのスーパーユニットで、オールドスクール期における指折りの重要グループです。このアルバムは既出のヒットシングル「It's Nasty」と「The Message」をフォローする形で82年にリリースされ、Spinnersの定番ネタを使った「It's A Shame」、Jimmy Caster Bunch、It's Just Begun使いの「She's Fresh」等も聴きどころです。

Grand.jpg01.She's Fresh  

02.It's Nasty  

03.Scorpio

04.It's a Shame (Mt. Airy Groove)

05.Dreamin'

06.You Are  

07.The Message

08.Adventures of Grandmaster Flash on the Wheels of Steel

No.023    2009.03.01

~ オールド・スクール・ラップ Part. 2 ~

Kurtis Blow - Kurtis Blow - 1980

Sugarhillレーベルが幅をきかせていた70年代後半のオールドスクール・ラップ・シーン。その中にあってKurtis Blowは80年にマーキュリー・レコードより「Christmas Rappin'」でデビューを飾りました。そして同年リリースした「The Breaks」はラップ・ナンバー初のミリオンセラーを達成し、不動の人気を獲得。日本のディスコ・シーンでも大ヒットを記録しました。しかし日本盤タイトル「おしゃべりカーティス」はちょっとどうかな~って感じですね・・・(苦笑)

Kurtis Blow.jpg

01. Rappin' Blow, Pt. 2
02. The Breaks
03. Way Out West
04. Throughout Your Years
05. Hard Times
06. All I Want in This World (Is to Find That Girl)
07. Takin' Care of Business
08. Christmas Rappin' [*]
09. Breaks [*][Instrumental]

No.022    2009.03.01

~ オールド・スクール・ラップ Part. 1 ~

Sugarhill Gang - Sugarhill Gang - 1980

70年代後半にニューヨークで結成されたSugarhill Gang。Chic「Good Times」のインストトラックを使用した「Rapper's Delight 」は初めてラジオ放送されたラップ・ソングとなり、ブロンクスから発信されたこの新しい音楽に多くの人は驚き、興奮しました。"オールド・スクール"ラップは彼らの代名詞となり、他の初期ラッパーが得られなかった幅広い人気を獲得、音楽界に「ラップ」という新たなジャンルを確立させ、今現在、隆盛を誇っているHip-Hopの礎となりました。

 Sugarhill Gang.jpg

01. Here I Am
02. Rapper's Reprise
03. Bad News Don't Bother Me
04. Sugarhill Groove
05. Passion Play
06. Rapper's Delight

No.021    2009.02.01

~ 低音ボイスが魅力的な男性ボーカリスト Part. 3 ~

Isaac Hayes - Don't Let Go - 1979

いわゆる「ベッドルーム・ファンク」の生みの親として知られる Isaac Hayes は、作曲家としてSam & Daveの「Hold on, I'm Comin' 」や「Soul Man」(No.016で紹介)といったビートを効かせたナンバーを作り出しました。その後ソロ・パフォーマーとして69年にリリースした「Hot Buttered Soul」は以降、幾度となくサンプリングされるなど、偉大な作品に相応しいだけの賞賛を浴びています。映画「黒いジャガー』のサントラではアカデミーとグラミーでW受賞を達成しました。

Isaac Hayes 2.jpg1. Don't Let Go 

2. What Does It Take 

3. Few More Kisses to Go

4. Fever

5. Someone Will Take the Place of You

No.020    2009.02.01

~ 低音ボイスが魅力的な男性ボーカリスト Part. 2 ~

Lou Rawls - All Things In Time - 1976

Barry Whiteに負けず劣らず、こちらも低音の渋声に定評のある Lou Rawls。彼は幼少の頃から祖母の影響でゴスペルに親しみ、ゴスペル・グループとしてキャリアを積んだ後、1961年にキャピトル・レコードからソロデビューしました。俳優、声優としての活動実績も多く、1980年代からは黒人のための大学進学基金での慈善活動に多大な協力を行ないました。高校時代の同級生にあの Sam Cooke がいたそうです。

Lou Rawls 2.jpg1. You're the One

2. You'll Never Find Another Love Like Mine

3. Time

4. Groovy People

5. Need You Forever

6. From Now On

7. Pure Imagination

8. This Song Will Last Forever

9. Let's Fall in Love All Over Again

No.019    2009.02.01

~ 低音ボイスが魅力的な男性ボーカリスト Part. 1 ~

Barry White - Let The Music Play - 1975

太くて低いヴォーカルに濃厚なバリトンのつぶやき声を絡ませる独特の歌唱方で、貞淑な修道女でさえ魅了されずにいられなかったと言われるBarry White。70年代にはヒット・ナンバーを立て続けに飛ばしていきましたが、なかでも74年に発表された彼の代表作「愛のテーマ」はTV番組「ウィークエンダー」のテーマ曲としてもお馴染みになりました。

Barry White.jpg

1. Let The Music Play

2. Can't Get Enough Of Your Love, Babe

3. I Love You More Than Anything

4. Love Serenade (Part I)

5. Hard To Believe That I Found You

6. September When I First Met You

7. Don't Make Me Wait Too Long

8. Look At Her

9. I'm Gonna Love You Just A Little Bit More, Baby

10. Oh Love, Well We Finally Made It

11. Let Me Live My Life Lovin' You Babe

                                                      12. Love Serenade (Part Ii)

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31