広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 08(064 ~ 072)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.072    September,2010

~ モーリス・ホワイト プロデュース作品 Part. 3 ~

The Emotions - Rejoice - 1977

No070の"I Am"(邦題:黙示録)の中に収められたヒット・チューン"Boogie wonderland"で、印象的な女性コーラスを聴かせているのが、ここで紹介する"エモーションズ"です。1970年代初頭からハッチンソン三姉妹からなるグループとして活躍をみせていましたが、1977年にリリースしたこのアルバムが、グループとして最大のヒット作となりました。楽曲を手がけた"モーリス・ホワイト"によって、エモーションズの魅力が引き出され、見事な出来となった今作品からは、永遠のダンス・クラシックナンバー"ベスト・オブ・マイ・ラヴ"が生まれました。

Emotions.jpg01. Best Of My Love

02. A Feeling Is

03. A Long Way To Go

04. Key To My Heart

05. Love's What's Happenin'

06. How'd I Know That Love Would Slip Away

07. Don't Ask My Neighbors

08. Blessed

09. Rejoice

No.071    September,2010

~ モーリス・ホワイト プロデュース作品 Part. 2 ~

Maurice White - Maurice White - 1985

SOUL MUSIC やDISCO SOUNDが大きな変換機を迎える80年代中頃になると、それまで隆盛を誇った"アース・ウインド&ファイヤー"も音楽の方向性に纏まりを欠き、セールスもおもわしくなくなってきます。そんな中、バンドのフロントマンの一人である"フィリップ・ベイリー"が先にソロアルバムで大ヒットを記録し、それに続けとばかりにバンドリーダーの"モーリス・ホワイト"が万全を期して発売した、自身初のソロアルバムが本作です。スロー・バラードの名曲"アイー・ニード・ユー"は女性に大人気のナンバーです。

Maurice White.jpg01. Switch On Your Radio

02. Jamboree

03. Stand By Me

04. Sea Of Glass

05. I Need You

06. Believe In Magic

07. Lady Is Love

08. Invitation

09. The Sleeping Flame

10. Children Of Afrika

11. Alpha Dance

No.070    September,2010

~ モーリス・ホワイト プロデュース作品 Part. 1 ~

Earth, Wind & Fire - I Am - 1979

70年代半ばからのDISCOムーヴメントの中心的存在であった"アース・ウインド&ファイヤー"。そのリーダーとして活躍をみせていた"モーリス・ホワイト"のプロデュース作品を今月はお届けします。まずは自身のグループ作品の中から1979年に発表したアルバムをご紹介します。シングル・カットされ全米で6位、日本のディスコ・チャートでは1位に輝く大ヒットとなった「ブギー・ワンダーランド」を始め、バラードながら全米2位まで上がった「アフター・ザ・ラヴ・イズ・ゴーン」など、数多くの名曲が収録されており、アルバムとしても最高3位を記録するベスト・セラーとなった11枚目のアルバムです。

EW & F.jpg01. In The Stone

02. Can't Let Go

03. After The Love Is Gone

04. Let Your Feelings Show

05. Boogie Wonderland

06. Star

07. Wait

08. Rock Tha

09. You And I

No.069    August,2010

~ ナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズ プロデュース作品 Part. 3 ~

Diana Ross - Diana - 1980

60年代にモータウン・レコードの看板グループ"シュープリームス"のリードシンガーとして高い人気を誇っていた"ダイアナ・ロス"。70年にグループを脱退、ソロに転向後も"Ain't No Mountain High Enough"をはじめ"Theme From Mahogany"等のヒットを放ち、スーパースターとしての地位を確立しました。70年代後半はやや低迷しましたが、80年に発表されたこの作品でナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズのプロデュースによるディスコ・サウンドとセクシーなイメージ戦略で新境地を開き、第2のピークを迎えることとなりました。"Up Side Down"は全米1位に輝いています。

  Diana Ross.jpg 

01. Upside Down
02. Tenderness
03. Friend To Friend
04. I'm Coming Out
05. Have Fun
06. My Old Piano
07. Now That You're Gone
08. Give Up

No.068    August,2010

~ ナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズ プロデュース作品 Part. 2 ~

Sister Sledge - We Are Family - 1979

1973年に、ジャクソン・ファイヴの女性版、もしくはスリー・ディグリーズの子供版の線を狙ってデビューした4人組姉妹グループ"シスター・スレッジ"。彼女たちもまた"ナイル・ロジャース"と"バーナード・エドワーズ"との出会いにより、その才能を開花しました。この作品は俗に"シックサウンド"と呼ばれる軽やかなビートに乗せてデビー、ジョニ、キム、キャシーの四姉妹が美麗な歌声を聞かせるシスター・スレッジの代表作です。タイトル曲をはじめ"He's The Greatest Dancer"などの大ヒット曲はもちろん、小洒落たミディアム・ナンバーの"Thinking of You"も素晴らしい出来となっています。

Sister Sledge.jpg 

01. He's the Greatest Dancer

02. Lost in Music

03. Somebody Loves Me

04. Thinking of You

05. We Are Family

06. Easier to Love

07. You're a Friend to Me

08. One More Time

No.067    August,2010

~  ナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズ プロデュース作品 Part. 1 ~

Chic - Risque - 1979

1970年代後半のディスコ・ブームを牽引したアーティストのひとつとして知られる"シック"。今回はそのシックの中心メンバーであった"ナイル・ロジャース"と"バーナード・エドワーズ"によるプロデュース作品をご紹介します。"Dance Dance Dance"をヒットさせたデビュー当時(77年)は単なるディスコ・ユニットに過ぎなかった"シック"ですが、2枚目のアルバムからは早くも本領を発揮し"Le Freak"(邦題:おしゃれフリーク)を全米1位に送り込みました。今回紹介するアルバムはそれに続く79年発表の3枚目で、大ヒットとなった"Good Times"は後にラップ初のメジャーヒットとなったシュガーヒル・ギャングの"Rapper's Delight "(No.022)のソースとしても有名です。

Chic 2.jpg

 

01. Good Times
02. A Warm Summer Night
03. My Feet Keep Dancing
04. My Forbidden Lover
05. Can't Stand To Love You
06. Will You Cry (When You Hear This Song)
07. What About Me

No.066    July,2010

~ クインシー・ジョーンズ プロデュース作品 Part. 6 ~

James Ingram - It's Your Night - 1983

オハイオ州アクロン出身の"ジェームス・イングラム"は70年代にマイナーなファンク・バンドのメンバーとして音楽活動を始めますが、後にロサンゼルスでセッション・ボーカリストとして活動するようになり、"クインシー・ジョーンズに見出されることとなりました。やがてクインシーに実力を認められて「クインシーの秘蔵っ子」と呼ばれ、1983年にソロ歌手としてデビュー。アルバムにはレイ・チャールズやマイケル・マクドナルドらの大物ミュージシャンがゲスト参加しました。1984年のマクドナルドの作品でデュエットした"Yah Mo B There "ではグラミー賞を受賞しています。あの"We Are The World"でも他のビッグ・アーティストと肩を並べて見事なパフォーマンスを見せました。

James Ingram.jpg  

01. Party Animal

02. Yah Mo B There

03. She Loves Me (The Best That I Can Be)

04. Try Your Love Again

05. Whatever We Imagine

06. One More Rhythm

07. There's No Easy Way

08. It's Your Night

09. How Do You Keep the Music Playing

No.065    July,2010

~ クインシー・ジョーンズ プロデュース作品 Part. 5 ~

Patti Austin - Every Home Should Have One - 1981

4歳で"ブルースの女王"ダイナ・ワシントンに出会い、アポロ・シアターのステージに立ったという天才シンガー"パティ・オースチン"。彼女は70年代半ばにソロ・デビューをはたしていますが、のちにクインシー・ジョーンズに出会い、マイケル・ジャクソン、ジョージ・ベンソンのアルバムに参加したあと、名作「ザ・デュード」(031で紹介)で"ラザマタス"を歌い、アーバン系女性シンガーとして広く知られる存在となりました。 このアルバムの収録曲「Baby,Come To Me」(邦題:あまねく愛で)はジェイムス・イングラムとのデュエットで、全米NO.1を記録する大ヒットとなりました。「Do You Love Me」もDISCOイベントでは人気のナンバーです。

Patti Austin.jpg

 

01. Do You Love Me?

02. Love Me To Death
03. The Way I Feel
04. Every Home Should Have One
05. Baby, Come To Me
06. The Genie
07. Stop, Look, Listen
08. Symphony Of Love
09. Oh No, Margarita
10. The Island

No.064    July,2010

~ クインシー・ジョーンズ プロデュース作品 Part. 4 ~

Rufus & Chaka Khan - Masterjam - 1979

今回からは70~80年代に活躍をみせたプロデューサーの作品をご紹介していきます。この時代を代表する人といえば、やはり"クインシー・ジョーンズ"という事で 031~033に続く第二弾として、まずはルーファス&チャカ・カーンをお届けします。70年代初めに白人メンバーのロックと黒人メンバーのソウル・マナーが融合した、ユニークなサウンドで脚光を浴びた"ルーファス"がリードボーカルに"チャカ・カーン"を迎えた事で本格的なソウル・バンドとして成功をおさめる事となりました。中でも最大のヒットとなったのが、クインシー・ジョーンズがプロデュースをした今作品です。"Do You Love What You Feel"はDisco Classics の名作として今なお高い人気を誇る一曲です。

rufus_chaka_masterjam.jpg01. Do You Love What You Feel

02. Any Love

03. Heaven Bound

04. Walk The Rockway

05. Live In Me

06. Body Heat

07. I'm Dancing For Your Love

08. What Am I Missing?

09. Masterjam

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31