広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 11(091 ~ 099)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.099   June,2011 

~ ジミー・ジャム & テリー・ルイス プロデュース作品 Part. 3 ~

Klymaxx - Meeting In The Ladies Loom - 1984

女性6人で結成されたヴォーカル&インストゥールメンタル・グループの「クライマックス」は当時、稀な存在として異色を放っていましたが、実際はプロデュースも手掛ける「バーナデット・クーパー」と「ジョイス・アービー」を擁する実力派として、音楽通からは知られる存在でもありました。この作品は1984年に発表されたグループとして3枚目のアルバムで、製作陣の顔ぶれには「ジャム&ルイス」の他、「レイクサイド」や「ミッドナイト・スター」といったソーラー・レーベル関係のメンバーが名を連ねています。収録曲の中からは「I Miss You」が全米で5位となるスマッシュ・ヒットを記録、一躍有名となり90年代初頭まで活躍しました。

Klymaxx.jpg

1. The Men All Pause
2. Lock And Key
3. I Miss You
4. Just Our Luck
5. Meeting In The Ladies Room
6. Video Kid
7. Ask Me No Questions
8. Love Bandit
9. I Betcha

No.098   June,2011

~ ジミー・ジャム & テリー・ルイス プロデュース作品 Part. 2 ~

Cherrelle - High Priority - 1985

80年代初頭にプリンス・ファミリーとして知られる「ザ・タイム」のメンバーとして活動をしていた「ジャム&ルイス」ですが、プロデューサー業に力を入れすぎた事が原因でプリンスの怒りを買い、解雇されてしまいます。その事によりプロデュース業が本業となってしまった彼らですが、これを機にミネアポリスファンクのテイストに、当時流行していたフュージョン経由のソウルミュージック=ブラックコンテンポラリーを混ぜ合わせたダンスフロアチューンを量産し始めます。この作品はそんな彼らの初期の名作で「アレキサンダー・オニール」とのデュエット「Saturday Love」がR&Bチャートで2位を獲得。88年作「Affair」からは名バラード「Everything I Miss At Home」が首位に輝いています。

Cherrelle.jpg

01. The Opening
02. You Look Good To Me
03. Artificial Heart
04. New Love
05. Oh No It's U Again
06. Saturday Love
07. Will You Satisfy?
08. Where Do I Run To?
09. High Priority
10. New Love Reprise

No.097   June,2011

~ ジミー・ジャム & テリー・ルイス プロデュース作品 Part. 1 ~

Janet Jackson - Control - 1986

今回は80年代から現在に至るまでR&B系の最前線で活動を続けている「ジャム&ルイス」によるプロデュース作品をご紹介します。まずは「ジャム&ルイス」の名を世に知らしめるきっかけとなった1986年発表、ご存知、ジャクソン一家の末娘、「ジャネット・ジャクソン」のアルバムから。1982年に可愛らしさを前面に押し出した楽曲群でデビューしたジャネットですが、「ジャム&ルイス」をプロデュースに迎え、大きくイメージの一新を図ったこの作品からは「Nasty」「What Have You Done For Me Lately」ほか、5曲ものR&B No.1ヒットが生まれました。89年に発売された3枚目のアルバム「Rhythm Nation」もビッグセールスを記録し、「ジャネット・ジャクソン」を世界的なスーパー・スターに押し上げました。

Janet Jackson.jpg

01. Control
02. Nasty
03. What Have You Done For Me Lately
04. You Can Be Mine
05. The Pleasure Principle
06. When I Think Of You
07. He Doesn't Know I'm Alive
08. Let's Wait Awhile
09. Funny How Time Flies

No.096   May,2011

~ アイズレー・ブラザーズ プロデュース作品 Part. 3 ~

Sunrize - Sunrize - 1982

"アイズレー・ブラザーズ"をサポートしていた"エヴァレット・コリンズ"が結成した5人組SOUL/FUNKグループの"サンライズ" プロデュースやアレンジなど多面的に"アイズレー・ブラザーズ"のサポートを受けていますが、深く関わるのは後に"アイズレー・ジャスパー・アイズレー"として分裂するプレイヤー組です。オープニングを飾る"Who's Stickin It"のようにFUNK色が濃厚なナンバーもありながら、全体のコンセプトはミディアムからスローナンバーが多く、「Urban」「爽やか」「軽快なGroove」という雰囲気がムンムンと伝わってきます。尚、リードギター担当の"デイヴィッド・タウンセンド"は'86年に"サーフィス"の結成メンバーとして参加、'80年代後半から'90年代前半にかけて世界的な成功を収めています。

Sunrize.jpg

 

01. Who's Stickin' It?

02. I Need You More Than Words Can Say

03. Someone's Taken My Hand

04. Come And Get My Lovin'

05. I Just Wanna Make Sweet Love Tonight

06. Honey I Love You

07. Hello Love

08. You Are The One

No.095   May,2011

~ アイズレー・ブラザーズ プロデュース作品 Part. 2 ~

Bloodstone - We Go Along Way Back - 1982

'72年に"Natural High"のヒットを飛ばしたカンザス・シティ出身のヴォーカル&インストゥールメンタル・グループの"ブラッドストーン" モータウンでの'78年作"Don't Stop"に続き"アイズレー・ブラザーズ"のバックアップを受けて発表したのがこの作品です。甘美なソウル・コーラスと同時に、骨太なファンクも得意とする彼らですが、本作ではそんなカラーを打ち出すべく前半3曲がスローバラード、後半4曲がミディアム~アップナンバーで固められています。タイトル曲の"We Go Along Way Back"がBillboardのソウル・シングルチャートで最高位5位を記録。ラップも飛び出す軽快なファンク・ナンバーの"Funkin' Around"はソウル系ディスコでスマッシュ・ヒットしました。 

01. Go On And Cry   Bloodstone.jpg

02. How Does It Feel

03. We Go A Long Way Back

04. Funkin' Around

05. My Kind Of Woman

06. My Love Grows Stronger

07. Nite Time Fun

No.094   May,2011

~ アイズレー・ブラザーズ プロデュース作品 Part. 1 ~

Isley Brothers - Between The Sheets - 1983

芸歴はすでに40年を超え、デビュー時のRCAからAtlantic、Motownなど数々のレーベルを渡り歩いてきているスーパーグループの"アイブレー・ブラザーズ" 今回はそんな彼らのプロデュース作品をご紹介します。オーケリー、バーノン、ルドルフ、ロナルドの4兄弟で1954年にオハイオ州シンシナティで結成され、最初はゴスペル・ソングを歌うコーラス・グループとして活動をしていましたが、'62年に発表したツイスト・アンド・シャウト」をビートルズがカバーしヒットさせた事で、アイズレー・ブラザーズの名前は欧米のロック・ファンの間でも知られるようになりました。1983年に発売されたこのアルバム収録の"Between The Sheets"は定番メロウネタの最高峰として知られ、数々のヒップホップクラシックにサンプリングされています。 

Isley Brothers.jpg

 

01. Choosey Lover

02. Touch Me
03. I Need Your Body
04. Between The Sheets
05. Let's Make Love Tonight
06. Ballad For The Fallen Soldier
07. Slow Down Children
08. Way Out Love
09. Gettin' Over
10. Rock You Good

No.093   April,2011

~ ジャック・フレッド・ペトラス & マウロ・マラヴァシ プロデュース作品 Part. 3 ~

Change - Sharing Your Love - 1982

A Lover's Holiday」「Paradise」(No.009で紹介) の大ヒットで知られる"チェンジ"は"ジャック・フレッド・ペトラス""マウロ・マラヴァシ"のダンス・プロジェクトからスタートし、当初はスタジオ・ミュージシャンが集まったインスタント・プロジェクト的な要素の強いグループでしたが、前述の曲の成功を受け、"ジェイムス・ロビンソン""デボラ・クーパー"をメイン・シンガーに迎え7人組として確立されました。実質的なバンドとしての初アルバム(通算3枚目)となった本作は、過去2作品と比べディスコ色が抑えられ、本格的なニューヨーク・ファンク・グループへ脱皮する姿が明確に示された作品に仕上がっています。

Change2.jpg

 

01. The Very Best In You

02. Hard Times

03. Oh What A Night

04. Promise Your Love

05. Everything And More

06. Sharing Your Love

07. Take You To Heaven

08. Keep On It

09. You're My Number 1

10. You're My Girl

No.092   April,2011

~ ジャック・フレッド・ペトラス & マウロ・マラヴァシ プロデュース作品 Part. 2 ~

High Fashion - Feelin' Lucky - 1982

永遠のダンス・クラシックス傑作として多大な人気を誇る、男性1名、女性2名で結成された"ハイ・ファッション"のデビュー・アルバム。完成度の高いニューヨーク・サウンドのオンパレードで、発売当初から名盤と称されていましたが、女性メンバーの"アリスン・ウィリアムス"と"メリサ・モーガン"が後にソロで名を馳せた事から改めて注目され、一時はマニア、コレクターによって高値で取引がされていたアルバムです。"アリスン・ウィリアムス"の歌う「Feelin' Lucky Lately は、作品の冒頭を飾るに相応しい、分厚いコーラスと切れ味鋭いサウンドが融合した絶品ダンス・ナンバーです。

High Fashion.jpg

 

01. Feelin' Lucky Lately

02. You're The Winner

03. Hold On

04. Next To You

05. Have You Heard The News

06. When The Lover Strikes

07. I Want To Be Your Everything

08. Brainy Children

No.091   April,2011

~ ジャック・フレッド・ペトラス & マウロ・マラヴァシ プロデュース作品 Part. 1 ~

B.B. & Q. Band - B.B. & Q. Band - 1981

1980年代初頭に打ち込み主体の洗練されたメロディーラインを特徴とする「ニューヨーク・サウンド」を確立させた、"ジャック・フレッド・ペトラス"と"マウロ・マラヴァシ"のイタリア人コンビによるプロデュース作品を今回はご紹介します。まずはダンス・クラッシックの定番「On The Beat」で有名なB.B. & Qバンド。ニューヨークはマンハッタンの川向こうにある黒人居住区の地名(ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ)をそのままバンド名にしたというグループですが、サウンドは前述の通りスタイリッシュで洗練されたものとなっています。音録りをイタリアで行い、ヴォ-カルはNYのスタジオ・ミュ-ジシャンに依頼して出来上がったという本作、Back VocalにはあのLuther VandrossFonzi Thorntonの名前も見られます。

BB&Q BAND.jpg

 

01. On The Beat

02. Time For Love

03. Don't Say Goodbye

04. Starlette

05. Mistakes

06. Lovin's What We Should Do

07. I'll Cut You Loose

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31