広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 12(100 ~ 108)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.108   September,2011 

~ ランディ・ミューラー  プロデュース作品 Part. 3 ~

Rafael Cameron - Cameron - 1980

南米・ガイアナ共和国のジョージタウンが故郷の「ラファエル・キャメロン」。幼い頃からアメリカのソウル・ミュージックに憧れラジオと共に育った彼が渡米し、そこで「ランディ・ミューラー」と出会いレコード・デビューを果たすこととなりました。前述の「スカイ」のメンバーをバックに従えて、ニューヨーク・スタイルのディスコ・ファンク・アルバムに仕上がったこの作品は、ボトムの重いシンセサイズド・サウンドと「ラファエル・キャメロン」の軽やかなテナー・ヴォイスが冴え渡る会心の仕上がりで、収録曲からは「Magic Of You」がスマッシュ・ヒットを記録しました。また次作の「Cameron's In Love」からも「Funtown U.S.A」というヒット作が生まれています。

Cameron.jpg

 

01. Magic Of You

02. Funkdown

03. Together

04. Get It Off

05. Can't Live Without Ya'

06. Feelin'

No.107   September,2011 

~ ランディ・ミューラー  プロデュース作品 Part. 2 ~

Skyy - Skyy Line - 1981

ブラス・コンストラクション」と同じくブルックリンで73年に結成された「スカイ」は男性5人のリズム・セクションに、女性3人のヴォーカルを加えた編成のバンドで、「ランディ・ミューラー」がバックアップをしたダンス・ファンク・バンドです。サルソウル・レーベルからの4作目となるこの作品には、R&Bチャートで1位を獲得した「Call Me」をはじめ、「Girl In Blue」「Jam The Box」などクオリティの高いファンクナンバーが収録されており、アルバム・チャートでも4週にわたり1位を記録しました。80年代後半以降の2枚のATLANTIC作品では、更に高度に洗練されたブラック・コンテンポラリー・サウンドを展開、多くのソウル/R&Bファンに愛されるグループとなりました。

Skyy.jpg

 

01. Let's Celebrate

02. Call Me

03. Girl In Blue

04. Jam The Box

05. When You Touch Me

06. Gonna Get It On

07. Get Into The Beat

No.106   September,2011 

~ ランディ・ミューラー  プロデュース作品 Part. 1 ~

Brass Construction - Attitudes - 1982

今回は70年代後半~80年代、主にファンク系のソウルバンドへのソング・ライティングやアレンジ等で名声を得た、鬼才「ランディミューラー」のプロデュース作品をご紹介します。ニューヨークのブルックリンで結成されたファンク/ディスコ・グループ「ブラス・コンストラクション」の中心人物であった彼が、本格的にプロデュースに取り組み、そのスタイルが完全に確立され頂点を極めた、80年代の代表作として語られている通算8作目のアルバムがこの作品です。なお、彼らのファースト・アルバムに収録されヒットを記録した「Movin'」は定番ダンス・クラシックとしてもお馴染みのナンバーです。

Brass Construction.jpg

 

01. Can You See The Light

02. Funtimes
03. Attitude
04. Do That Thang
05. Forever Love
06. E.T.C.
07. Hotdog

 

No.105   August,2011 

~ カシーフ  プロデュース作品 Part. 3 ~

Kashif - Kashif - 1983

70年代のNYを代表するファンク・バンド「B.T.エキスプレス」の中心メンバーであった「カシーフ」が、前述の「Evelyn King」の「I'm In Love」、「Love Come Down」や「Howard Johnson」の「So Fine」をR&Bチャート上位に送り込んだ後、満を持して発表した自身名義のファースト・アルバムがこの作品です。大方の予想通り、このアルバムは大ヒットを記録し、新世代のサウンド・メーカーとして脚光を浴びることとなりました。85年にリリースされた名盤として名高い「ホイットニー・ヒューストン」のデビューアルバムにもソングライターとして参加しており、当時の勢いはブラック・ミュージック界は彼を中心に回っていたと言えるほどでした。

Kashif.jpg

 

01. Don't Stop My Love

02. Stone Love

03. I Just Gotta Have You

04. Help Yourself To My Love

05. Rumors

06. Say Somethin' Love

07. The Mood

08. All

 

No.104   August,2011 

~ カシーフ  プロデュース作品 Part. 2 ~

Howard Johnson - Keepin' Love New - 1982

フリーソウル系で高い人気を誇り、現在のクラブ世代にも評価をされているR&Bグループ「ナイトフライト」の結成メンバー「ハワード・ジョンソン」がA&Mレコードに認められ、「カシーフ」を初め「ポール・ローレンス」「モリー・ブラウン」といった、いわゆるカシーフ・ファミリーのプロデュースにより、82年にソロで発表した初のリーダー作です。ファースト・シングルの「So Fine」はR&Bチャートで6位、ダンス・チャートで1位に輝きました。また「Jam Song」は作者の「フレディ・ジャクソン」が自身のアルバムで「Jam Tonight」と改題し、No.1ヒットとなっています。

Howard Johnson.jpg

 

01. So Fine

02. Take Me Through The Night

03. This Is Heaven

04. Jam Song

05. Keepin' Love New

06. So Glad You're My Lady

07. Say You Wanna

08. Forever Falling In Love

No.103   August,2011 

~ カシーフ  プロデュース作品 Part. 1 ~

Evelyn King - Get Loose - 1982

米フィラデルフィアにあるシグマスタジオをバイトで掃除中に、プロデューサーに見出されデビューをはたしたという、まさにシンデレラ・ストーリーを地でいった「イヴリン・キング」。初アルバムからは「Shame」のスマッシュ・ヒットがあったものの、その後の確かな成長がセールスに反映せず、伸び悩んでいた感のあった彼女ですが、81年に「カシーフ」と製作したアルバム「I'm In Love」からタイトル曲がR&Bチャートのトップに輝き、ブレイクの足がかりを築きました。本作はそれに続くアルバム(通算6枚目)でファースト・シングルの「Love Come Down」が再びチャート・トップとなる大ヒットを記録しました。

Evelyn King.jpg

 

01. Love Come Down

02. I Can't Stand It

03. Betcha She Don't Love You

04. Get Loose

05. Back To Love

06. Stop That

07. Get Up Off Your Love

08. I'm Just Warmin' Up

No.102   July,2011 

~ エウミール・デオダート プロデュース作品 Part. 3 ~

Juicy - It Takes Two - 1985

エウミール・デオダート」が発掘・輩出した新人アーティストの「ジューシー」。83年のデビュー・アルバム「JUICY」では白人2人を含む5人組でしたが、2作目となる本作品では「カトリース」と「ジェリー」のバーンズ兄妹にシェイプ・アップされています。しかし軽量化の弊害は微塵も感じられず、2人だけでほとんどの演奏をこなし、実力の高さをみせつけました。サウンド志向のブラコン・マニアには1作目から注目されていましたが、今作に収録されている「Sugar Free」がR&Bチャート12位となるヒットを受け、広く認知されるようになりました。引き続き「デオダート」の手により製作された3作目を最後にグループとしての活動はおこなわれていません。

Juicy.jpg01. Bad Boy

02. It Takes Two

03. Love Is Good Enough

04. Slow Dancing

05. Nobody But You

06. Sugar Free

07. Stay With Me

08. Forever And Ever

No.101   July,2011 

~ エウミール・デオダート プロデュース作品 Part. 2 ~

Kleeer - Intimate Connection - 1984

72年に結成された「パイプライン」というロックバンドが前身という珍しい経緯の元、79年にレコード・デビューをはたした「クリアー」は、ニューヨークを拠点に活動を続けた4人組のファンク・グループです。80年代中期の解散までにコンスタントにヒットを重ね、計7枚のアルバムを発表しましたが、中でも「クール&ザ・ギャング」を華麗に変身させ大成功に導いた「エウミール・デオダート」にプロデュースを委ねたこの作品は、人気・内容ともに他を寄せ付けない強力な楽曲が名を連ねていて、「クール&ザ・ギャング」以上に「デオダート」の敏腕ぶりを知れるアルバムとも言われています。 タイトルトラックの「Intimate Connection」はクラブDJのサンプリング・ソースとしても有名なナンバーです。

Kleeer.jpg01. Ride It

02. You Did It Again

03. Go For It

04. Intimate Connection

05. Next Time It's For Real

06. Break

07. Tonight

08. Do You Want To?

No.100   July,2011 

~ エウミール・デオダート プロデュース作品 Part. 1 ~

Deodato - Happy Hour - 1982

今回は70年代後半から80年代に当時隆盛を極めたDISCO・DANCEミュージックに、積極的なアプローチを仕掛け成功をおさめた、ブラジル出身のミュージシャン「エウミール・デオダート」の作品群をご紹介します。デビュー当時は「CTI」等のジャズレーベルでアレンジャーとして活動をしてしましたが、72年にクラシック作品をジャズテイストにアレンジした「ツァラトゥストラはかく語りき」のヒットにより、その名が知られるところとなりました。79年に発表した「クール&ザ・ギャング」のアルバムが大ヒット(No.056で紹介)、プロデューサーとしての地位を確立した彼が自身名義でリリースした作品がこのアルバムです。

Deodato.jpg01. Keep On Movin'

02. Happy Hour

03. Just This One Night

04. Tears Of A Clown

05. Sweet Magic

06. Keep It In The Family

07. I Never Get Enough

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31