広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 13(109 ~ 117)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.117   May,2012 

~ UKソウル Part. 3  ~ Ken Gold プロデュース作品

Billy Ocean - Nights - 1981

トリニダード・トバゴで生を受け、8歳のときに家族とともに渡英した"ビリー・オーシャン" は10代の頃からロンドンで歌手活動を始めます。当初は"レス・チャールズ" と名乗り芸能活動を行っていましたが、1976年にビリー・オーシャンと改名しデビューをします。当初はヒット作に恵まれない日々が続きましたが、"Ken Gold" と共作したこのアルバムからのシングル・カット"Nights" のスマッシュ・ヒットにより注目される事となり、1984年に発表した次のアルバム「Suddenly」から"Caribbean Queen""Loverboy" の大ヒット作が生まれました。

Billy Ocean-Nights.jpg

 

01. Are You Ready

02. Don't Say Stop

03. Whatever Turns You On

04. Another Day Won't Matter

05. Nights (Feel Like Getting Down)

06. Who's Gonna Rock You

07. Stay The Night

08. Everlasting Love

09. Taking Chances

No.116   May,2012 

~ UKソウル Part. 2  ~ Ken Gold プロデュース作品

The Real Thing - The Real Thing - 1976

"The Real Thing" は1970年代前半に"Eddie Amoo"、"Chris Amoo"のAmoo兄弟を中心として、イギリスのリヴァプールで結成されたソウル・グループです。1976年に"Ken Gold" と "Mickey Denne" が製作、リリースしたシングル「You to me are Everything」はUKシングル・チャートで3週連続ナンバー・ワンとなる大成功を収め、彼らの代表曲となりました。続く「Can't Get By Without You」も同第2位を記録し、これらのヒットを受けてデビュー・アルバムとして発表されたのがこの作品です。

The Real Thing.jpg

 

01. Hallelujah Man

02. You To Me Are Everything

03. Topsy Turvy

04. (He's Just A) Moneymaker

05. Young And Foolish

06. Flash

07. Can't Get By Without You

08. Why, Oh Why (Oh Why)

09. Keep An Eye (On Your Best Friend)

10. You'll Never Know What You're Missing

No.115   May,2012 

~ UKソウル Part. 1  ~ Ken Gold プロデュース作品

Delegation - The Promise Of Love - 1977

今回からは今年のオリンピックが開催されるロンドンにちなみ、UKアーティストによるナンバーをお届けしてまいります。まずは70~80年代のUKソウルの第一人者 "Ken Gold" によるプロデュース作品をご紹介します。"Ken Gold" に見出され、1975年にイギリスのバーミンガムで結成された、男性3人組のヴォーカル・グループ "Delegation"。彼らのデビューアルバムとして発表されたこの作品からは「Oh、Honey」が全米R&Bチャートで6位にランクインされ、ワールド・ワイドに成功するきっかけとなりました。

Delegation.jpg

 

01. The Promise Of Love

02. You've Been Doing Me Wrong

03. Mr. Heartbreak

04. Let Me Take You To The Sun

05. Back Door Love

06. Where Is The Love

07. Soul Trippin'

08. Oh Honey

09. Someone Oughta Write A Song

10. Love Is Like A Fire

No.114   November,2011

~ ラリー・ブラックモン&アンソニー・ロケット  プロデュース作品 Part. 3 ~

WYND CHYMES - ARRIVAL - 1982

1973年にミシシッピー州で結成された実力ファンク・バンドの「ウインド・チャイムス」。1980年にフレデリック・ナイトのレーベルからリリースしたシングル"Ride/Baby You're The One"が成功したことを受け、RCAから初のアルバムとして発表したのが今作品です。プロデューサーには「CAMEO」のメンバー、「アンソニー・ロケット」を迎えており、グループとしての方向性は初期の「CAMEO」を彷彿させます。高いテンションと音色豊かなサウンド・アレンジでオープニングを飾る"Stylin', Smilin' & Profilin'"や"Checkin' Out Your Stuff"といった完成されたファンク群に加え、洗練されたコーラス・ワークが見事な"Body Rap"、それに"Love has come again"等のバラードに至るまでが素晴らしい出来で、今なお高値で取引がされているのも納得の一枚です。

Wynd Chymes.jpg

 

01. Arrival

02. Stylin', Smilin' And Profilin'

03. Checkin' Out Your Stuff

04. Love Has Come Again

05. Body Rap

06. Do It (Fun In The Sun)

07. Sending My Love

08. Girl It's Alright

09. Ain't It Good

10. Alakazam

No.113   November,2011

~ ラリー・ブラックモン&アンソニー・ロケット  プロデュース作品 Part. 2 ~

MANTRA - MANTRA - 1981

「CAMEO」「ラリー・ブラックモン」「アンソニー・ロケット」の共同プロデュースで81年にリリースされたファンク・バンド「マントラ」のデビュー・アルバム。No.112で紹介した「LA.CONNECTION」の前身であるこのバンドも、やはり金太郎飴かというほどにキャメオ・サウンドを踏襲しているわけですが、ボーカルの「ロジャー・ハリス」は本家のキャメオよりも実力を感じさせるほどで、スロー・バラードは十二分に聞き応えがあります。「LA.CONNECTION」のアルバムにも収録されている"Promise Me"がテイク違いで収録されており、聞き比べてみるのも面白いのですよ。もちろん"Do You Wanna"等、ファンク系のナンバーも充実していて、アルバムとしては「キャメオ」色が強く感じられるものの、この時代を代表するファンクの名盤といってもいいでしょう。

MANTRA.jpg

 

01. Doin' It To The Bone

02. Promise Me

03. Action

04. Boogie Just To Boogie

05. Here We Come

06. Do You Wanna

07. Let's Stay Together

No.112   November,2011 

~ ラリー・ブラックモン&アンソニー・ロケット  プロデュース作品 Part. 1 ~

LA.CONNECTION - NOW APPEARING - 1982

今回は80年代のブラック・ミュージック・シーンにおいて、奇抜なヘアスタイルや時代の先端を行くファッション、そしてソリッドなファンク・サウンドで人気を博したグループ「CAMEO」のメンバーによるプロデュース作品をご紹介します。このアルバムは「CAMEO」の中心人物であった「ラリー・ブラックモン」がキャメオ・ファミリーを総動員させて完成させた作品で、クールなヘビーファンクの"Burn Me Up"、ファンキー極まりないギター・カッティングが炸裂する"Shake It"といったファンク・ナンバーから、オルガンの音の響きが官能的な"Promise Me"等のバラードまで濃い内容に仕上がっています。ちなみにグループ名の「LA.」はメンバーの出身地であるルイジアナ州の略号です。

LA.CONNECTION.jpg

 

01. Burn Me Up

02. Shake It

03. Promise Me

04. Jealousy

05. Get It Up

06. Come Into My Heart

07. I'll Find A Way

 No.111   October,2011 

〜 レオン・ヘイウッド  プロデュース作品 Part. 3 〜

Jerry Knight - Love's On Our Side - 1982

"Ray Parker Jr."のバック・バンドとしても知られる"Raydio"で活躍していた"ジェリー・ナイト"が1982年にA&Mからリリースしたソロ三枚目のアルバムです。本職はベーシストである彼ですが、ボーカルは勿論、他楽器もこなすマルチな才能を持ったアーティストで、その才能と"レオン・ヘイウッド"(01〜04の楽曲をプロデュース) を始めとする、充実したバック・アップ陣が見事な融合を見せるこの作品は、彼のソロ・キャリアの中でも随一の評価を得ています。中でも"I'm Down For That"や、"Omarion"がベース・ラインを使用した"Nothing Can Hold Us Back"などのアーバン・テイスト溢れるミッド・ダンサーは特に秀逸。更にソフトな雰囲気を前面に出した"Brand New Fool"もAOR方面からの大きな支持を得ています。

Jerry Knight.jpg

 

01. She's Got To Be (A Dancer)

02. I'm Down For That

03. Nothing Can Hold Us Back

04. Brand New Fool

05. Fire

06. Beautiful

07. Do It All For You

08. Do You Really Mean It?

No.110   October,2011 

~ レオン・ヘイウッド  プロデュース作品 Part. 2 ~

Carl Carlton - Carl Carlton - 1981

もともとはソングライター/セッション・ギタリストであったデトロイト出身の"カール・カールトン"は70年代初頭にソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせ、現在ではフリー・ソウル界隈で人気の"Everlasting Love"(74年)がヒット。しかしレコード会社との契約トラブルに巻き込まれ、しばらくの間停滞を余儀なくされます。そんな彼に再びスポットが当てられるのは80年代に入ってから。この頃は、バンド演奏型のファンクが定着し、演奏志向のソロ・アーティストが増殖していた時期であり、そんな機運にのって発表したのがこのアルバムです。シングルカットされたナンバーからはソリッドなファンク・チューン"She's A Bad Mama Jama"がR&Bチャートで2位を記録しました。

CARL CARLTON.jpg01. Sexy Lady

02. Let Me Love You 'Til The Morning Comes

03. Don't You Wanna Make Love

04. This Feeling's Rated X-Tra

05. She's A Bad Mama Jama

06. I've Got That Boogie Fever

07. I Think It's Gonna Be Alright

08. Fighting In The Name Of Love

No.109   October,2011 

~ レオン・ヘイウッド  プロデュース作品 Part. 1 ~

Leon Haywood - Naturally - 1980

今回ご紹介する"レオン・ヘイウッド"は1942年にヒューストンで生まれ、3歳からピアノ(ブルース)を弾き始め10代でローカルバンドに参加。60年代初頭にロサンゼルスに移住してからは"サム・クック"のバック・バンドを経験、1965年に本名の"Leon Hayward"名義で発売したデビュー作がヒットして名を挙げる事となり、以降は"Leon Haywood"を名乗って、シングル21曲、アルバム5作をチャートに送り込む活躍をみせました。80年以降は[Evejim Records]のオーナーとなり、同時にプロデューサー業にも着手しました。1980年に発表されたこの作品に収録の"Don't Push It Don't Force It"はR&Bチャートで最高位2位を記録し、彼のキャリアにおける最大のヒット作となっています。

Leon Haywood.jpg01. Don't Push It Don't Force It

02. Daydream

03. That's What Time It Is

04. Love Is What We Came Here For

05. If You're Lookin' For A Night Of Fun

06. Who You Been Giving It Up To?

07. Lover's Rap

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31