広島のソウルバー 70's 80's Soul なら AfterBeat(アフタービート)へ -広島市中区薬研堀10-17 幸楽ビルB1F-

MUSIC 14(118 ~ 126)

ここではマスターのお気に入りのアルバムを紹介しています。

下線が引かれている曲名の上をクリックしてもらうとYou Tube で視聴していただけます。

You Tube のダウンロードはこちらから

No.126    August,2012

~ タイトルにゴールドがついた曲 part. 3 ~

Earth, Wind & Fire - Illumination - 2005

1970年に、ロサンゼルスを活動拠点にバンド活動を始めた"アース・ウィンド&ファイアーは1973年に発表した"Head To The Sky"がゴールド・ディスクを獲得。また1975年には"That's The Way Of The World"を、同名映画のサウンドトラックとしてリリースし、全米アルバム・チャート第1位となる大ヒットを記録しました。その後の活躍は周知のところですが、"アース"が一介のディスコ・バンドと違ったのは、メンバーそれぞれが一流のテクニックをもつミュージシャンであり、そのパフォーマンスは今や再現不能とも思える高い完成度を誇っていた事で、70年代後半には当時、世界で最も成功したグループとも言われました。地道ながら現在も活動はしており、今年の5月には東京国際フォーラムにて一夜限りの「デビュー40周年コンサート」が開催されました。

Earth Wind & Fire.jpg

 

01. Lovely People

02. Pure Gold
03. A Talking Voice Interlude
04. Love'S Dance
05. Show Me The Way
06. This Is How I Feel
07. Work It Out
08. Pass You By
09. The One
10. Elevated

11. Liberation
12. To You
13. Love Together The Way You Move

No.125    August,2012

~ タイトルにゴールドがついた曲 part. 2 ~

Boney M. - Nightflight To Venus - 1978

60年代末からドイツの歌謡ポップス(シュラゲル)歌手として活動していた"フランク・ファリアン"の覆面プロジェクトとして誕生した"ボニーM"。75年のデビュー・シングル"Baby, Do You Wanna Bump?"以降、着実に知名度を上げていった彼らの人気が最高潮に達したのは78年。シングル"Rivers Of Babylon"が全ヨーロッパでナンバー・ワンを獲得するという快挙を成し遂げ、とりわけイギリスでは200万枚以上のセールスという当時としては桁外れの驚異的なセールスを記録しました。日本では当時大ヒットを記録した"Rasputin(怪僧ラスプーチン)"等のある種キワモノ的な作品からB級扱いする向きが根強くありますが、アルバムを通して聴くと、ここで紹介する"ハート・オブ・ゴールド"(Neil Young作品のカバー)をはじめ、音楽的に完成度の高い楽曲の多さに驚かされます。

Boney M.jpg

01. Nightflight To Venus
02. Rasputin
03. Painter Man
04. He Was A Steppenwolf
05. King Of The Road
06. Rivers Of Babylon
07. Voodoonight
08. Brown Girl In The Ring
09. Never Change Lovers In The Middle Of The Night
10. Heart Of Gold
11. Mary's Boy Child/Oh My Lord
12. Dancing In The Streets

No.124    August,2012

~ タイトルにゴールドがついた曲 part. 1 ~

Freda Payne - Band Of Gold - 1970

今月は現在ロンドンで開催されているオリンピックでの日本選手団の金メダルラッシュを期待して、タイトルにゴールドがついた曲をご紹介します。1945年9月19日、ミシガン州のデトロイトで生まれた"フレダ・ペイン"は、幼い頃、"エラ・フィッツジェラルド"や"ビリー・ホリデイ"等のジャズ・シンガーの曲を聴いて育ち、音楽的才能を育みました。10代になるとラジオのCMソングを歌ったり、地方のテレビ番組やタレント・ショウ等に出演。その歌声がモータウンの"ベリィ・ゴーディ"の目に留まった事がデビューのきっかけとなりました。1970年に発表されたこのアルバムは、ノーザン・ソウルの魅力がギュッと詰まった名曲が満載で、大ヒットを記録しました。ちなみに"ダイアナ・ロス"が脱退した後の"シュープリームス"で活躍した"シェリー・ペイン"はフレダの一つ上の姉です。

Freda Payne.jpg

 

01. Band Of Gold

02. I Left Some Dreams Back There

03. Deeper & Deeper

04. Rock Me In The Cradle

05. Unhooked Generation

06. Love On Borrowed Time

07. Through The Memory Of My Mind

08. This Girl Is A Woman Now

09. The World Don't Owe You A Thing

10.  Now Is The Time To Say Goodbye

11.  Happy Heart

 

No.123    July,2012

~ タイトルに雨がついた曲 part. 3 ~

Peabo Bryson - Can You Stop The Rain - 1991

1951年4月13日、サウス・キャロライナ州グリーンヴィルの敬虔なクリスチャン家に生まれた"ピーボ・ブライソン" は熱心な音楽ファンだった母親の影響で、幼い頃から"ドリフターズ""チャック・ベリー"など、ジャズやソウル系ミュージシャンのステージやレコードに触れて育ちました。'92年のディズニー映画『美女と野獣』、翌'93年の同映画『アラジン』のテーマ・ソングで2年連続グラミーを獲得、"ナタリー・コール"や"ロバータ・フラック"のほか、"セリーヌ・ディオン"や"デビー・ギブソン"ら人気歌手とのヒットが多いことから、「マスター・オブ・デュエット」とも呼ばれています。

Peabo Bryson.jpg

01. Lost In The Night
02. Can You Stop The Rain
03. Closer Than Close
04. Shower You With Love
05. I Can't Imagine
06. I Wish You Love
07. You Don't Have To Beg
08. I Wanna Be With You
09. I Just Had To Fall
10. Soul Provider
11. If It's Really Love

No.122    July,2012

~ タイトルに雨がついた曲 part. 2 ~

Milli Vanilli - Girl You Know It's True - 1989

1988年に"ロブ・ピラトゥス"と"ファブリス・モーヴァン"の2人組ダンス・ユニットとして西ドイツからデビューをした"ミリー・ヴァニリー" はヨーロッパ各国でのヒットを経てアメリカへ上陸、アリスタ・レコードと契約をしました。ファースト・シングルのタイトル曲"Girl You Know It's True" は全米2位、"Blame It On The Rain" を含む、その後3枚のシングルが全米1位という偉業を達成。米音楽業界最高の名誉「グラミ賞ー」を受賞するに至りましたが、後に別人が歌っていた事が発覚し、賞を剥奪される事となりました。

Milli Vanilli.jpg

 

01. Girl You Know It's True

02. Baby Don't Forget My Number

03. More Than You'll Ever Know

04. Blame It On The Rain

05. Take It As It Comes

06. It's Your Thing

07. Dreams To Remember

08. All Or Nothing

09. I'm Gonna Miss You

10. Girl You Know It's True (N.Y. Subway Extended Mix)

No.121   July,2012 

~ タイトルに雨がついた曲 part. 1  ~

Oran "Juice" Jones - Juice - 1986

梅雨真っ只中の今月は、タイトルに「雨・RAIN」がつくお薦めナンバーをご紹介します。まずはその名もずばり"The Rain"という曲から。HIP HOPの老舗レーベルとして知られる「DEF JAM」で初のR&Bシンガーとなった"オラン・ジュース・ジョーンズ"が86年に発表したこのアルバムからのシングル・カット"The Rain"は、雨の街を思わせるイントロが印象的なミディアム・ダンサーで、BillboardのR&Bチャートで1位に輝いたほか、TOP40で9位になる等、デビュー作にして最大のヒット曲となりました。ちなみにこの曲は1983年に他界した彼の祖父に捧げられたものだそうです。

Oran Juice Jones.jpg 

01. The Rain

02. You Can't Hide From Love

03. Here I Go Again

04. Curiosity

05. Your Song

06. Love Will Find A Way

07. It's Yours

08. 1.2.1.

09. Two Faces

 

No.120   June,2012 

~ UKソウル特集Ⅱ Part. 3  ~

Loose Ends - Zagora - 1986

"ルース・エンズ"はベース、ヴォーカルの"Carl McIntosh", キーボードの"Steve Nichol", ヴォーカルの"Jane Eugene" の男女混成三人により1980年にロンドンで結成されました。翌年 Virginレコード から"Real Thing"(No.116) の Chris & Eddie Amoo がプロデュースでデビュー。数枚のシングルを発表した後、ファーストアルバム "Little Spice" を世に送り出しました。彼らのサウンドは、UKソウルのエッセンスを効かせたアーバン・コンテンポラリーが基本ですが、3枚目となるこのアルバムではリゾート・ムードも加えてオシャレ度を増しています。収録曲からは"Slow Down" がチャート1位を記録しました。

Loose Ends.jpg

 

01. Stay A Little While, Child
02. Slow Down
03. I Can't Wait Another Minute
04. Sweetest Pain
05. Ooh, You Make Me Feel
06. Who Are You?
07. You Can't Stop The Rain
08. Be Thankful (Mama's Song)
09. Nights Of Pleasure
10. Let's Get Back To Love

 

No.119   June,2012 

~ UKソウル特集Ⅱ Part. 2  ~

Central Line - Central Line - 1981

"カール・ハインズ"を中心に1978年にロンドンで結成された4人組Jazz/Funkグループの"セントラル・ライン" は、デビュー・シングルの"You Know You Can Do It" がディスコで人気を得たことから、"Heatwave" にいた"ロイ・カーター"のプロデュースでこの1st アルバムが製作されました。先行シングルの"Walking Into Sunshine" は突き抜けるようなヴォーカルに暖かみのあるメロディラインで人気を博し、英ディスコ・チャートを制覇した後、米国のR&Bチャートでも14位を記録。彼らの代表曲となりました。

Central Line.jpg

 

01. Walking Into Sunshine

02. I Need Your Love

03. Breaking Point

04. Shake It Up

05. That's No Way To Treat My Love

06. Don't Tell Me

07. Goodbye

No.118   June,2012 

~ UKソウル特集Ⅱ Part. 1  ~

Linx - Intuition - 1981

先月に続き今月もUKソウルのお薦め作品をご紹介します。まずは後にソロシンガーに転ずるDavid Grantと、べーシストのSketchからなるロンドンの黒人デュオ"Linx"のファーストアルバムから。イギリスの"Brothers Johnson" と呼ばれ、UK産のジャズ・ファンクと西海岸ポップ・ファンクを融合させた音作りで新境地を開いた彼らが、アメリカで唯一発売したのがこのアルバムです。収録曲からは甘いファルセット・ヴォーカルと物憂げなメロディーにUKらしさが香る"Together We Can Shine" がR&Bチャートでスマッシュ・ヒットを記録しました。

Linx.jpg

 

01. Wonder What You're Doing Now

02. I Won't Forget
03. Intuition
04. There's Love
05. Rise And Shine
06. Throw Away The Key
07. Together We Can Shine
08. Count On Me
09. You're Lying
10. Don't Get In My Way

広島のソウルバー(Soul Bar)


【70's 80's ソウルバー アフタービート】

〒730-0027
広島市中区薬研堀1-15 山園ビル3F

営業時間 
月~木 20:00~03:00   
金~土 20:00~05:00

定休日 日曜・祝日

客席数 21席

TEL 082-246-7184

5153fbd328db64b125ef9eff8dc080a0.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31